筋肉の鍛える順番

筋トレ常識

こんにちは、ケンティです!筋トレ11日目になりました!

筋肉には鍛える順番があり、その順番通りにトレーニングすると効果的です。

どこから鍛えるとより効果的にトレーニングできるのでしょうか?この記事では、どういう順番で筋トレすればいいのかとその理由について書きます。

どこから鍛えればいいの?

おすすめの鍛える順番を知りたい

という声に答えます。

 

大きい筋肉から鍛える

筋トレは基本、大きい筋肉→小さい筋肉の順で鍛えます。

大きな筋肉を鍛えるには体力が必要です。小さな筋肉の後に大きな筋肉を鍛える場合、疲れた状態で大きな筋肉を鍛えることになります。そのため十分な負荷をかけることが出来ません。また、大きな筋肉を鍛えると、それを補助する小さな筋肉も同時に鍛えられます。大きな筋肉から鍛えたほうが効率的です。

トレーニングの順番

大きい筋肉から鍛えると書きましたが、大きい筋肉とは下半身です。

下半身→上半身→体幹

の順番で鍛えるのが理想的なようです。具体的なトレーニングで例えると以下のようになります。

 

例)腕立て、腹筋、背筋、スクワットをする場合

スクワット→腕立て→背筋→腹筋

腹筋は各トレーニングで使われるため、腹筋をはじめにしてしまうと、他トレーニングで十分な負荷をかけることができなくなります。また、一日にすべての部位を鍛えると体力的に追い込むことができなくなり、各トレーニングの質が低下します。より効率的にトレーニングしたいのであれば、上半身と下半身を鍛える日を分けるのがおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました